ファイティンインターナショナルサッカー大会

カテゴリー:ジュニア
2012年07月05日(木)

6/30(土)~7/1(日)、フレスカ人工芝フィールドに於いて第1回ファイティンインターナショナルサッカー大会(U-12)の最終予選が行われました。
2日間にわたり、会場では川崎フロンターレ・セレッソ大阪・ガンバ大阪・ヴィッセル神戸・徳島県トレセン・兵庫FC・FCフレスカ神戸、全国大会優勝のシンダプ初等学校(韓国)の8チームによる熱戦が繰り広げられました。

決勝戦へ駒を進めたのは川崎フロンターレとセレッソ大阪。
両者共に、非常に高い技術・戦術・戦う気持ちを見せてくれました。
立ち上がり、気迫溢れるフロンターレがCKから先制しペースを握る。
後半は、徐々に盛り返してきたセレッソが同点ゴールを挙げる。
その後、両チーム共に決定機を作り出す一進一退の展開に。
最後はセレッソが決勝ゴールをもぎ取り、そのままタイムアップ。

見事優勝を為し遂げた、セレッソ大阪が7/21~25に韓国で開催される世界大会の出場資格を獲得しました!
世界各地の強豪チームが集まる世界大会でも、我々日本の代表として頑張って来て下さい!!

全ての試合において、ハイレベルなプレーを観せて下さった参加チームの皆様、応援に掛け付けて下さった皆様、誠にありがとうございました。

写真①・②は決勝戦前の両チームの集合写真
写真③は優勝チームのセレッソ大阪と韓国から参戦してくれたシンダプ初等学校との集合写真
写真④ガンバ大阪vsフレスカ神戸
写真⑤ヴィッセル神戸vsシンダプ初等学校

  • ファイティンインターナショナルサッカー大会
  • 1 / 1

page top